CORONA(コロナ)T-54 JAC SHIRT / COTTON TYPEWRITER CLOTH

 

みなさんこんにちは。

 

台風がやばいらしいですね。

 

今このブログを書いている大阪梅田もなかなかの雨です。

 

関西は明日の正午くらいに落ち着くっぽいですが、油断されないように。

 

気になったとしても田んぼや水路の様子は見に行ってはいけませんよ。

 

 

 

 

本日はこちら。

 

DSC_0031.jpg

 

CORONA(コロナ)T-54 JAC SHIRT / COTTON TYPEWRITER CLOTH

 

価格 : 35,200円(税抜32,000円)

 

---

 

情報量が多くて絶対に長くなってしまうから見て見ぬふりをしていたアイテム。

 

コロナのT-54 JAC SHIRT です。

 

色々説明することがありますので、今回はやや趣向を変えた書き方をします。

 

お付き合いください。

 

 

 

==T-54について==

 

製品の世界観がマニアックでディープなので部分的にメーカー公式の文章を流用させていただきます…。

 

まず製品名のT-54についてですが、これは50年代・朝鮮戦争の極寒エリアからベトナムの熱帯エリアに主戦場が移る過程で作られた実験的なテストサンプルのこと、とのことです。

 

冬には-10度まで下がる朝鮮半島から冬でも平均20度以上あるベトナムに戦場が移るわけですから、それまで使用していたジャケットではとても戦うことができなかったわけですね。

 

実際のベトナム戦争ではあの有名なジャングルファティーグが着用されたわけですが、もちろんポンとあのデザインが完成したわけではなく、そこに至るまで多くのサンプルが作られたはずです。

T-54という名称から察するに1954年に製造されたテストサンプル(T)ということなのでしょう。

 

このT-54については調べても詳しい情報に行きつかないので、確実なことは言えませんが…。

 

 

 

 

==JAC SHIRTについて==

 

続きましてJAC SHIRTについてですが、こちらは商品名というわけではなく、コロナの展開するシャツジャケットのラインの名称です。

 

近年日本は温暖化の傾向を見せており、熱帯エリアに近い環境に移り変わりつつあります。

 

その気候に適応する服、ということで生み出されたのがこのJAC SHIRTシリーズ。

 

シャツのように1枚で着れば涼しく軽快で、ジャケットのようにアウターとして中に重ね込むことができる、シャツジャケットがベストだということですね。

 

実際僕も最近になりシャツジャケットを頻繁に着用するようになりましたが、春、秋には本当に便利。

 

なんなら夏でも日光対策に着ていたので1年で一番着ているのはシャツジャケットかも知れません。

 

僕としてもシャツジャケットが日本の気候に適している、というのは間違いないような気がします。

 

 

 

 

==デザイン・ディテールについて==

 

さてデザインを見ていきましょう。

 

襟はレギュラーの形。第一ボタンを開けばかるいオープンカラーのような形になります。

 

DSC_0232.jpg

 

 

 

胸ポケットは外側マチの長方形フラップポケット。

 

DSC_0236.jpg

 

 

 

 

 

腰ポケットはマチなしのフラップタイプ。

 

DSC_0239.jpg

 

 

 

 

 

袖は三角マチを設けたボタンで調整する仕様です。

 

DSC_0242.jpg

 

 

 

このデザイン、実はM-43 フィールドジャケットというジャケットに非常に近いデザインとなっております。

 

(M-43で画像検索するとすぐ出てきますので、気になられた方はぜひチェックしてみてください。)

 

このM-43はフィールドジャケットの原型を作ったといっても過言ではない名作で、僕個人としても特に好きなミリタリージャケットです。

 

M-43の前身としてM-41というものが存在するんですが、このM-41がブルゾンやウィンドブレーカーに近い見た目のジャケットであったのに対し、このM-43では4つのフラップポケットと中にインナーを着込むことで体温を調節するレイヤリングシステムという画期的な仕様が採用され、後のフィールドジャケットのベースを作りました。

 

みなさんがミリタリージャケット、と聞いてイメージするそのデザイン、あのデザインはこのジャケットは根っこにあるということです。

 

 

さて話を戻しますが、このT-54においてはそのM-43をベースに裏地を省き、軽量化したようなデザインになっておりますが、ただM-43をそのまま真似た、というわけではなく、実はよく見ると細かく改良されている所があります。

 

それは一つはがポケットのボタンが比翼ではなくボタンスルーになっていること、もう一つが前合わせにガスフラップが付くということです。

 

この2点に関しては後のジャングルファティーグの1stモデルに通ずる点であり、M-43からジャングルファティーグに進化する上でのまさに中間地点というようなディテールワークですね。

 

DSC_0246.jpg

 

ちなみに余談ですが、このガスフラップはドイツ軍が大戦で使用したマスタードガスへの対策として取り入れられた仕様、ということですが、こんなものでガスが防げるのか、という意見もあるようです。

 

ガスって気体ですしね。

 

実際単純に邪魔なもの、としてビンテージアイテムではフラップが切り取られているものも多く存在します。

 

ただマスタードガスは肌に作用するガスということなので、少しでも肌への影響を抑えるという点では多少なりとも役に立っていたのでしょうかね。

 

余談終わりです。

 

 

 

 

 

素材は薄くてハリ感のあるコットンタイプライタークロス。

 

特有のハリ感によって肌離れが良く、高温多湿な気候においてベターな素材です。

 

DSC_0249.jpg

 

 

 

 

 

さてなんやかんや書きましたが、こういったミリタリージャケットはパッと見のかっこよさこそ一番の魅力ではないでしょうか。

 

デニムとパーカに合わせてカジュアルにいくのも良し、スラックスや革靴の外しとして羽織るのも良しです。

 

ぜひ店頭でチェックしてみてください。

 

DSC_0007.jpg

 

 

CORONA(コロナ)T-54 JAC SHIRT / COTTON TYPEWRITER CLOTH

 

---

 

JUGEMテーマ:メンズファッション

【online shop】

https://www.montara-wh.com/

 

【instagram】

montara_wh

 

【スタッフインスタ】コーディネートとか日常的なもの上げてます。

montara-staff-ishida

 

■Montara 実店舗■

住所:大阪府大阪市北区豊崎3丁目1-18 淀川ビル1F

アクセス:梅田駅より徒歩9分、大阪メトロ中津駅より徒歩3分

営業時間:12:00〜19:00

定休日:水曜日

 

JUGEMテーマ:ファッション

JUGEMテーマ:おすすめメンズファッション

JUGEMテーマ:メンズファッション


| 1/3PAGES | >>